神奈川県におけるパートの薬剤師の求人について

9c72f59e643d0eeb5d6a8507ebbf7c02_s

「神奈川県のパートの薬剤師の求人ってどんな感じ??」

狭いようで広い神奈川県

神奈川県といえば東京に隣接している立地のため、昼間は都内の職場に通う
いわゆる東京のベッドタウンとしての側面が強いイメージがあります。

実際、そのような神奈川県民は相変わらず多いわけですが、
2011年の東日本大震災での帰宅難民騒動があって以降は神奈川県民も地元志向が高まり、
多摩川を超えて都内に通うというスタイルから、
就職も地元エリアで、という人々が急増している傾向にあります。

一口に神奈川といっても狭いようで広く、
横浜市、川崎市の湾岸大都市部から、藤沢、鎌倉を中心とする湘南エリア、
更には、東京の南多摩地区の延長線上の相模原や厚木の内陸の住宅地エリアなど
地域ごとに実に多彩な特性を持つのも神奈川県の特筆すべき点です。

地域ごとの対極的な傾向

そういった広い神奈川県のパートの薬剤師の求人状況
ざっくりとエリアごとに見てみますと、
まず、横浜エリアですが、
このエリアの特に中心部ではかなり薬剤師が充足されている傾向にあり、
他のエリアと比べると賃金の面は低めの求人が多くなっています。

横浜市でも中心地区からやや外れる地域、特に西部の青葉区や都筑区以西になると
逆に時給は高めの求人が多いようです。

次に、湘南エリアですが、こちらは駅周辺の調剤薬局では求人数も多いですが、
アクセスが良い分応募も多く、比較的埋まるのが早い傾向が見られます。
そして、内陸部の相模原や厚木なども含めて中心地区や駅などから少し外れた地域になると、
広い面積を取って駐車場も広々とした郊外型の大規模ドラッグストア、OTC&調剤併設型の
大型店舗が多く、こちらも随時パートの薬剤師募集の求人を出している店舗が多いです。

こちらの郊外型だとパートでもかなり高めの時給設定が多く
このエリアにお住いの薬剤師さんなら狙い目と言えます。

いずれにしても神奈川県の場合にはその地域ごとにパートの求人状況は相当異なりますので、
事前にその特性を調べておく必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ