薬剤師の給料は同じ職種でもどうして違いがでてくるの?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_m

一般的に薬剤師の仕事が高収入であるイメージというのは、
パートやバイトに見る時給の高さにあるかと思います。

それ故、どこへ就職しても薬剤師は高給取りと思われがちですが、
一般の病院や調剤薬局では役職でもない限りはそれほど給与は高いとはいえません。

特に今は薬剤師の数が少ないため、需要が高く
企業によっては人を集めるために給与を高くしているところが多いので、
同じ職種でも企業によっては、給与に差が出てくることもあるかと思います。

これは企業だけではなく勤務する場所にもよります。
例えば田舎と都心ではアクセスや立地条件などから都心の求人に人が集まりやすくなり、
給与を上げなくても人が集まるため待遇はそれほど望めませんが、
人が集まりにくいところは給与や待遇を上げることで人を集めようとするので、
都心よりも田舎の方が給与や待遇が高い傾向になります。

そのため、同じ職種でも給料には違いが出てきますし、
他にも企業や病院の取り組みによっては差が出てくることもあるかと思います。

例えば、転職の際に経験やスキルによって給与に差が出てくるのですが、
以前に勤務されていた病院で新薬の研修会や取り扱いを行っていたか、
地域医療や在宅医療に携わっていたかなど、
調剤や服薬指導以外での経験が給与に左右することもあります。

また、公務員や準公務員といわれる病院薬剤師であれば一般の病院に比べ、
手当や福利厚生によって差がありますし、
薬局などでは待遇として海外研修などがあるところもありますので、キャリアアップという面では差が出てくるかと思います。

他にも大きな病院であれば、夜勤などもあるためその手当によっても年収が変わってきますし、
民間であれば昇給が低いために勤務年数によって差がでてきます。

製薬メーカーなどの企業であれば、努力や実力によって年収をアップさせることができますが、
今後のことを考えると薬剤師の資格に固執せず、
これからの高齢化社会で薬剤師として幅を広げるためにも経験や臨床検査技師など、
他の資格を取得するなども収入アップにつながるかと思います。

薬剤師に必要とされるのは資格だけではないので、
自分がどのような薬剤師を目指すかで、給与に違いが出てくるかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ