群馬県の薬剤師募集求人について

kushuri156

群馬県は関東地方の北西に位置し、県の東南部は関東平野、北西部は山々が広がる
山岳地帯となっており、平野と山が連なった自然豊かな県です。

群馬県は全国的にも夏は酷暑として知られていますが、冬の山岳部は豪雪地帯となり、
気候の寒暖差が激しいのも特徴的です。

そういったことも関係しているのか
豪雪地帯となる北部の地方では、薬剤師が不足しています。
群馬県全体においても、人口10万人当たりの薬剤師の数が152人
全国的に見ても低いです。

薬剤師の多くは、高崎健康福祉大学薬学部がある高崎市と
県庁所在地である前橋市、太田市などの都心に分布しているため、
山岳地帯となる北部や町村の地域では薬剤師不足が深刻化しているようです。

群馬県の求人の特徴としては、他の薬剤師不足の地域とは違い、高収入の求人が少なく、
休日や勤務時間などの他の条件を優遇しているところが多いようです。

ですが、群馬県は関東地方において薬剤師の数が最も低いため、
全体的に薬剤師不足とも言われており、都心部においては
高収入の求人を出しているところも増えていて
派遣においては時給が4,000円以上いう求人も少なくありません。

そうなると、他県から通勤される方も増えるのですが、
地方というよりは埼玉県寄りの都心部などに集中してしまうため、
群馬県の地方では薬剤師不足がますます不足することになってしまいます。

2006年には群馬県唯一の薬学部が新設され、2012年より卒業者が続々と出ています。
最近では、キャリアのUターンやIターン転職も増えてきているので、
現在薬剤師が不足しているとはいえ、今後状況が変わることは十分に考えられます

もともと群馬の薬剤師求人は、高収入の割合があまり高い方ではないので、
条件の良い求人を見つけるのであれば、
薬剤師専門の転職サイトに登録
することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ