育児中の薬剤師パート、好条件の求人の見つけ方

 

ikuji
「育児中の薬剤師パート、好条件の求人の見つけ方」

薬剤師の仕事はハード

一般のイメージでは、薬剤師は処方箋にある薬を渡すだけと思われていますが、
日々新薬が開発され、患者さんへの服薬指導や病院・地域医療の連携など、
薬剤師のプロとして常に知識や技術が求められています。

なので、調剤業務や服薬指導、薬歴管理など通常業務の他に、日々の勉強も
必要となり、育児と仕事の両立となると、時間や体力面など大変なことも多いです。

そのため、結婚や妊娠・出産を機に退職や転職をされる方も少なくはなく、
子育てが一段落した頃に復職やアルバイト・パートとして、雇用形態を変える方もいます。

ただ、転職や復職というのは、これまでの職場とは異なることもありますし、
未経験やブランクによってはこれまで以上に大変な思いをしてしまうことも
あるので、パートであっても求人選びには注意しなければいけません。

子育てと仕事の両立は大変

というのも、妊娠や出産を機に転職や退職をされる方が多いように、
子育てと仕事を両立させるのは思っている以上に大変なことであり、企業側の理解や
周囲の協力も必要となってきます。

最近では育児を支援する制度や応援する企業も増えてきてはいますが、薬剤師不足などの
理由もあり、実情としてはまだ確立できていない現状も多いです。

企業の育児支援はあまり期待できない

例えば、育児応援や産休・育休あり、残業なしや少なめといった求人を多く目にしますが、
実際に働いてみると、産休や育休が重なって人手が不足し、思うように休みがとれなかったり
自分の希望でシフトが組めず、大変な思いをすることもあります。

特に育児応援の取組を推進したばかりの企業や実績ありといった企業などは、
まだまだ十分な対応ができていないところもありますので、職場環境や
仕事内容など現状を把握しておくことも大切なことです。

薬剤師専門の転職サイトを利用しよう

そういった情報は求人からではわかりませんし、個人で収集するとなると大変ですので、
薬剤師専門の転職サイトの利用をおすすめします。

担当のコンサルタントが条件に合った求人を探してくれますし、託児所付など
子育て中の方でも働きやすい環境であるか、未経験やブランクがあっても
難なくこなせるか、研修制度が整っているかなど、気になる求人詳細の
情報提供や様々な相談にものってくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ