英語を活かした薬剤師の就職について

PAK75_englishkucchi-20141206204016500-thumb-1200x800-5857

「英語を活かせる薬剤師の就職について教えて!!」

ここでは、そんな中でも特に英語力を活かした
薬剤師の就職について考察していきたいと思います。

(1) 英語力が高く、専門用語を解せる薬剤師が求められる製薬会社

一般的に、薬剤師で英語力が必要?ときくとあまりピンとこないかもしれません。
実際、街の調剤薬局やドラッグストアなどで英語力が必要なケースは
せいぜい、外国人の患者さんやお客さんの対応ぐらいの機会しかないかもしれませんね。

しかし、とても英語力を必要とされる薬剤師の就職もあります。
製薬会社です。

ここでは、新薬のマニュアルや説明文献の記述は基本的に英語です。
また、薬のデータにおける学術論文がありますが、この論文または文献なども
元来は英語で記述されているものを日本語に訳して使用しているのが普通です。

ですから、英語にも日本語にも精通している能力の高い人材が不可欠なのです。
それに加えて、薬の処方やマニュアルには専門用語が頻出しますので、
高度な専門知識のある薬剤師でなければいけません。

このような事情で、製薬会社では
「英語力の高い薬剤師」
を常に求めているのです。

(2) 英語を活かせる製薬会社への就職なら「リクナビ薬剤師」で

上記のような、特殊な英語力の高い薬剤師ポストへ就職したい場合、
その求人募集情報はかなりレアであって、市場に出回りにくい傾向にあります。
そこで、オススメなのが「リクナビ薬剤師」などの求人サイトにあらかじめ登録しておくということです。

ここに、必要な自分の能力やスキル情報と、
英語を活かせる職場への就職意志と具体的希望条件を登録しておけば、
実際に製薬会社からサイトに求人依頼があった時に、素早く募集情報をもらうことができ有利になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ