地方に薬剤師として転職する時のあまり知らないメリット

kushuri119

薬剤師として仕事をおするのであれば、やはり都心部で働きたいですか?
今注目するは、地方で働く薬剤師です。
転職して給与面や待遇がいきなりアップするというのは都心部で転職した場合は難しいのが現状ですが、地方であればそれも可能です。

地方に転職するメリットを紹介します。

給与面も含めた待遇の良さ

平均的な給与は最低賃金では都心部が高いせいか人気が高く、現在都心から離れた地方では深刻な薬剤師不足に陥っています。
そういった場所ではお年寄りも多く、実際は薬剤師が必要です。

そのため、地方で働いてくれる薬剤師の年収をかなり高いものに設定し、募集をかけています。
また引っ越し代や家賃の補助も出ますし、家も地方だということもあり大きめの家に住めることが多いです。
さらに備え付けの家具や家電を使えたり購入してくれたりするところまで。

新卒でも転職でも地方での仕事を検討しているのであれば、給与面で悪いことはないでしょう。

地域密着型の医療にかかわれる

やはり地方に行くと、患者さんは都心部ほど毎日毎日来ないものです。
処方箋を処理して会話もあまりできずに患者さんにお薬を渡すだけの都心の薬局。

地方ではそんなことはありません。
どちらかというと、ゆっくり、ゆったりと過ごすことができ、地域密着型で1人1人の患者さんとゆっくりと時間を共にすることができます。

薬の効果も1人の患者さんに焦点を当てて見て行くことができますから、薬剤師として、自然と新しいことを勉強する場となり、更に薬剤師としてのやりがいを感じることができます。
自身の能力を発揮・活かすことができるのが地方で薬剤師として転職するメリットです。

薬剤師の地方求人を見ていると、意外と給与が高いんだな…と思うこともあります。
こんなにたくさんのメリットがある、地方で働く薬剤師。

自身の成長も含め転職を考えている方、地方に行くことを家族が賛成してくれる場合、自分一人で行く場合、いろいろあると思いますが今の職場で良いのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ