薬剤師として就職した場合の初任給について

a0002_006857_m_

「薬剤師として就職した場合、初任給ってどれくらい??」

(1) 一般的な新卒の初任給よりは高め

薬剤師は、全般的に見て、一般的な職種に就職する新卒の大卒より、初任給は高めです。
しかし、薬剤師になるには、比較的難関といわれる大学の薬学部に勉強して入り、
今は医学部などと同じ6年間大学に通って勉強し、その上で更に薬剤師の国家試験に合格して
国家資格を手に入れなければなりません。

その労苦を考えたら、他より初任給が高いのは当然のことであり、
むしろ安いぐらいだと考えることもできます。

(2) 各職域における薬剤師の初任給

一般には、おおまかに、初任給の高いのは
ドラッグストア、調剤薬局、病院の薬剤師の順だと言われています。

  • 病院の初任給と年収
  • 病院薬剤師の場合には、初任給はだいたい月収20万円~25万円の間であり、年収では300万円~350万円が相場のようです。
    その後も、賃金だけを考えれば、病院の薬剤師は最も安く、
    賃金だけがモチベーションの人にとってはメリットの薄い職域でしょう。
    しかし、病院薬剤師の場合には、お金ではない医療チームの一員として、
    医療の現場に参加できる、治療に際し、最先端の医薬品の知識が得られるといった大きなやりがいが得られるのが魅力なのです。

  • 調剤薬局の初任給と年収
  • 調剤薬局の場合には、初任給はだいたい月収22万円~30万円の間といったところで、
    年収では350万円~400万円が初年度の賃金です。
    管理薬剤師のケースになれば、年収で500~600万円が相場になります。
    一般的に薬剤師の確保しにくい地方部や僻地では、
    高めに初任給を設定している調剤薬局が多いのが特徴です。

  • ドラッグストアの初任給と年収
  • ドラッグストアの場合には、初任給はだいたい月収25万円~35万円の間、
    年収では350万円~450万円とかなり高めに設定されているのが特徴です。
    この他にも各種手当が豊富にあったり、昇給制度も充実していたりという会社も多く、
    賃金面でのメリットがもっとも大きいのがドラッグストアの薬剤師であると言えると思います。

  • 製薬メーカーの初任給と年収
  • 製薬メーカーに就職した場合の初任給は、
    だいたい月収22万円前後、年収では300~330万円程度が相場のようです。
    初任給は他の職域に比べて安いのですが、キャリアとともに昇給していき、
    生涯賃金はむしろもっとも高くなるのが特徴です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ