ピッキングを薬剤師がやらなくてはいけない理由

medications-257336_640

「ピッキングって必ず薬剤師がやらなきゃいけないの??」

(1)ピッキングとは?

ピッキングとは、調剤薬局などにおいて、

担当医師の書いた処方箋に指示された薬品を棚や在庫から
処方箋の用量通りに正確に取り出す作業のこと

をいいます。

調剤業務の中のひとつと言えるわけですが、
このピッキングを調剤薬局によっては、人件費を安く上げる観点などから、
薬剤師以外の店舗要員、医療事務員などにやらせている店もあるという話をよく聞きますよね。

これらの行為は薬剤師以外が行っても大丈夫なのでしょうか?

(2)法律的には違法ではあるが…

薬剤師法第19条にはこう明記されています。

『薬剤師でない者は、販売または授与の目的で調剤してはならない。
ただし、医師もしくは歯科医師が自己の処方箋により
自ら調剤するときはこの限りでない』

即ち原則として、「調剤行為」にあたるものを
薬剤師以外の者がやることは禁じるという建前です。

ピッキングも広義の意味において、調剤業務です。

ですから、法律的には、薬剤師でなければ調剤薬局においても、
ピッキングをしてはいけないということになりますが、厚生労働省
はこの点に関しては、玉虫色の見解を示しています。

どういうものかというと、

「薬剤師の監督下にあり、その監視のもとであれば、
無資格者のピッキング(調剤行為)も違法とは認めない」

というものです。

ですから、事実上は調剤薬局においてピッキング業務を
薬剤師以外の医療事務員などが行うことも黙認しているのが現状である、
ということができます。

とはいえ、業務上の責任も大きい資格職業である専門職の薬剤師としては、
できるだけ目の届く仕事がしたいものです。

このあたりの問題は、調剤薬局の経営との兼ね合いもありますが、
「薬剤師の職業倫理」が問われる項目と言えるかもしれませんね。

大きな問題が起こる前に、行政が着手すべき改善点である
とも考えられる点です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ