薬剤師のパートと正社員の月収について

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

最近では、転職サイトでもパートやアルバイトの募集求人が増えてきていますが、
薬剤師不足もあり時給や月収も高く、フルパートであれば常勤の薬剤師と同じくらいの月収が稼げるところも多いようです。

そう考えると、残業や業務責任などのデメリットを背負ってまで
正社員とならなくても良いのではと思う方もいるかと思いますが、やはりパートと正社員では様々な違いがあります。

確かに薬剤師のフルパートで時給2,000円以上であれば、
社会保険にも加入できますし、残業や移動、転勤もなく正社員と同等の月収が稼げるのですが、実際のところ保証という面では安定していません。

社会保険はあっても福利厚生の面では正社員のように充実しているわけでもなく、
将来的に転職を考えた時に退職金なども出ないため、将来性や考え方によっては必ずしもパートの方が良いとは言えません。

病院や調剤薬局では、女性の薬剤師が多いため、
結婚や出産などでブランクのある方や子育てをしながら働く方にとっては、
パートでも十分に稼げるかと思いますが、将来的に薬剤師としてどうありたいかを考えると、
やはり研修制度責任のある仕事を任されるという面では正社員の方がメリットがあるかと思います。

また、仕事内容においては残業がないにしても業務的にはそれほどかわらないので、
年収に差が出る賞与があるとないとでは、パートと正社員では大きな差が出てくるのかと思います。

ただ、病院や調剤薬局、ドラッグストアにおいては、パートやアルバイトであっても
仕事内容や取り組みによっては時給UPやスキルアップのための研修にも参加できるので、
転職においても経験としてアピールできるポイントともなりますし、
実際現状に満足できていれば、仕事においてパートも正社員も変わらないと考えることも間違いではありません。

とはいえ、パートの月収は時給によって左右されるので、
未経験では最低時給からのスタートとなることもありますし、
勤務場所によっては平均時給よりも低いこともあるので、条件によっては正社員の月収に全く手が届かないことも多いです。

安定や収入面の充実を考える方、またはキャリアアップを望んでいる方は
幅広い業務経験が求められる正社員として働くと良いと思いますし、家事や子育て、
ブランクがあって仕事に慣れるためや未経験で経験を積みたい方などは
パートとして働くという選択でも良いかと思います。

収入に固執するのであれば、都心の正社員よりも地方のパートの方が時給も高く稼げますし、
企業であればパートでも正社員でも努力次第で給与が変わってくるので、
パートで働くにも正社員で働くにも勤務先をしっかりと選ぶことが大切かと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ