レベルの低い薬剤師は消される!?

0b9ded34a6e5620449d2d7fa89da9f82_m_

昨今、各私立大学はこぞって薬学部を新設し、
薬剤師は非常に人気の高い資格となってきました。
結果、薬剤師も買い手市場から売り手市場に、「厳選される」時代となりました。

薬剤師として使い古されないために、薬剤師に必要なこととは?
薬剤師の生き残りの秘訣を探っていきましょう!

■こんな薬剤師は淘汰される?その1

薬剤師の業務と言えば「調剤業務」ですが、
今ではこの調剤業務だけしかやらない薬剤師は淘汰されていく運命にあるようです。
とういのも、いまでは企業側も薬剤師を選ぶ時代。
ドラッグストアでも調剤薬局でも、「お客さんありき」の仕事です。
ですから、今後の薬剤師としての進む道はお客様とより近い環境にいられるかというスキルも重視されていきそうです。

■こんな薬剤師は淘汰される?その2

現場での知識・経験が乏しい(取得しようと積極でない)場合も、
今後のスキルアップは難しくなってくるでしょう。
というのも、薬学部の新設に伴って、薬学部に進学する学生が非常に多くなりました。

その中には、やはり、なんとなく入ってなんとなく資格取って、
なんとなく就職という人も少なからずいるわけです。

薬学は、日々最新の研究がなされる分野です。
新しい情報を取得し、日々研鑽することも立派なスキルです。

■「厳選される時代」はスキルアップの好機

この状況に憂う必要はありません。
厳選されると同時に、選ばれた故の見返りというものも高まっています。
給与であったり、スキルアップの機会であったり、それも様々です。
企業側にとっても「厳選される」時代なのですから。

選ばれる人間になるには、武器は一つしかありません。
もちろん学歴や出身校の格式なんかではありませんよ!
いままで培ってきた経験と技術なのです。

培った経験と知識を基に、スキルアップを目指してみてはいかがでしょう?
転職サイトでは薬剤師専門のサイトもあり、薬剤師の転職はそれほど珍しいことではなくなってきました。
まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの転職サイトに登録することから始めてみましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ