薬剤師の二年目の転職について

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

「薬剤師の二年目での転職ってどうなの??」

仕事にも慣れ先を考える余裕が出てくる二年目

これは薬剤師に限らずどの職業でも共通だと思いますが、一年目はまだ右も左もわからない新人ということもあり、仕事をとにかく覚えることに必死です。
ですから、その時その時の目先の仕事に追い立てられて、自分のことや先のことを考える余裕などありません。

しかし二年目になると、ようやく仕事も一通りは覚えてこなせるようになっています。
こうなってくると、いろいろなことを考え始めます。
最初は新鮮で難しいことのように思えた日々の業務も、代わり映えしないルーティーンのように感じてくる時期です。

また、一年目にはただがむしゃらで気が回らなかった職場のマイナス面にも
目が向きはじめる時期です。職場の人間関係が、自分にしっくりこないとか馴染まないのを実感するのも二年目に一段落着いてからが多いそうです。

このような諸々の条件が重なって、
二年目で転職を考える薬剤師は少なくないのが実態の模様です。

転職は思い立ったが吉日

さて、このような事情で二年目で転職を考え始める薬剤師も多いわけですが、
多くの場合、
「まだ二年目の駆け出し薬剤師なのに、転職なんてしたらマイナスなのでは?」
とネガティブに捉えて転職を躊躇するケースも多いようです。

ですが結論から言えば、企業サイドは「新卒二年目の転職はウェルカム」
姿勢のところが多いのです。いわゆる「第二新卒」として二年目の転職者を
大歓迎で優遇採用しようとする企業も多数あるぐらいです。

ですから新卒で就職し一生懸命一年間働いてみて、

「どうしてもこの職場は違うな」
「この職場で働き続けても新しいことは学べないな」
「キャリアアップは望めないな」
「どうしても職場の人間関係が自分には合わず耐えられないな」

と感じたなら、躊躇せずに転職先を探すべきでしょう。転職は、思い立ったが吉日です。

二年目の薬剤師の転職なら『リクナビ薬剤師』がオススメ

具体的に、二年目の薬剤師が
できるだけ良い転職先を見つけるにはどうすれば良いのか?といえば、

『リクナビ薬剤師』

のような薬剤師専門の求人サイトに登録するのが良いでしょう。求人サイトに登録して
できるだけ細かく自分の望む転職先の条件を申請しておくと、
その希望に近い求人依頼がサイト側に来た際に、いち早く教えてもらうことができます。

そして、このリクナビ薬剤師の場合、経験豊かな専任のキャリアアドバイザーがついて
個別にアドバイスしてくれますので心強く、転職活動に自信が持てます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ