薬剤師の仕事の幅について

b14b3e230625795da3c15b519eae219d_m

「薬剤師の仕事の幅って広がってるの??」

ここでは、薬剤師に求められる仕事の幅が
近年どんどん広がっているという論点から考察していきたいと思います。

(1) 広がり続ける薬剤師の活躍の場

近年の薬学をはじめとする医療や分子生物学等の生命工学の飛躍的な進歩に伴い、
薬剤師が仕事をするフィールドも昔とは比較にならないほどの広がりを見せています。

かつてならば、主に病院薬剤師、調剤薬局の薬剤師、ドラッグストア勤務、製薬会社の研究員の薬剤師など、
だいたい数えられるほどの進路や活躍の場だったものに加えて、
CRC(治験コーディネーター)DM(治験データマネージメント)などの
治験・臨床試験関連の仕事もどんどん増えてきています。

薬学の進歩とともに医療自体も高度化している時代のながれもあって、
以前ならばいわば「縁の下の力持ち」「黒子」的であった薬剤師のポジションが
今は、医師や看護師などの他の医療スタッフと連携を密にとりながら臨床の現場で前面に出なければならない役割に変わってきています。

高齢化する我が国にあっても、高齢者の在宅医療は非常に重要化していますが、
この現場においても高齢者になればなるほど一般に飲む薬は増えてきて、
専門的な薬事知識と服薬指導が必要となってきています。

なので、こういった在宅医療の現場においても、
医師や看護師に加えて
薬剤師もフットワーク軽く動いて前面に出ることが必要とされてきています。
薬剤師の仕事の幅は、広がり続けているのです。

(2) 薬剤師の仕事+αが主流になる時代

上でも述べた通り、時代の流れとともに、
薬剤師の仕事の幅が広がり専門性の高い細分化が進むと、その求められるニーズや分野も多岐に渡り、
いわば「薬剤師(専門職)+something」のある人材がより求められる傾向になってきています。
具体例を挙げれば、

  • 薬剤師 + 翻訳能力
    薬事や医療に関する英語の資料やマニュアルを日本語に翻訳できる人材
  • 薬剤師 +プログラミング能力
    診断に関するプログラムや医療ツールのシステム開発やメンテナンスができる人材

といったような感じです。

その職場や分野も、旧来のように薬局や病院といった医療現場とは直接関係の無い企業であったりする場合も珍しくなくなってきています。
薬剤師の仕事も分野の境界線を乗り越えボーダーレスの時代に突入してきているといえると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ