薬剤師の休みについての考察

2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_m

「薬剤師って休みが多いの??」

ここでは、薬剤師の仕事における「休み」について一般的な考察をしていきたいと思います。

(1) 薬剤師の休みは多いのか?!

薬剤師といっても、大きく分けて、

  • 調剤薬局やドラッグストアの薬剤師
  • 病院に勤める病院薬剤師
  • 製薬メーカー等に勤務する薬剤師

などがありますが、その休日の日数は?となると全般的に「多くはない」という結論です。
特殊な業界は別にすれば、他業種の一般的なサラリーマンと比較して
薬剤師が休日が多いか?といえば、少ないということになります。

(2) 調剤薬局の場合

一般的な調剤薬局の場合、
その休日は通常、日曜祝日+土曜日の午後(午前は勤務)という場合が多いです。
これは、門前や近所の病院の診察に合わせているからです。

その他の要素としては、比較的大手で薬剤師が多数いる調剤薬局では
休みがとりやすくなる傾向にあり、小さな個人経営の調剤薬局であれば
代わりがいないという事情もあり、休みは取れなくなっているという傾向があります。

(3) 病院の薬剤師の場合

病院の場合、近年においては、病棟薬剤師という職場がどんどん増えてきています。
この病棟薬剤師の場合、非常に忙しく、基本看護師と同じような勤務体系になってきます。
つまり、日勤、夜勤の2交代制の勤務で、
シフト制であり、固定曜日の休みは難しいという体系です。
ですので、のんびりしたい薬剤師には不向きですが、逆に、平日に休めるというメリットもあります。

以上、休みという項目に絞って薬剤師の仕事を考察してみましたが、
忙しい専門職で時代とともにニーズも高くなって活躍分野も広がってきていますので、
休みは他の職業より少ないと思っていいでしょう。
休みよりやりがいを優先する人に向いているのが専門職です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ