薬剤師の保険について

301df99898cd0be07c83a6ad213e12ba_s

「薬剤師の保険について教えて!!」

薬剤師なら入っておかなくてはいけない保険

一般的に社会人になれば、さまざまな社会保険というものに加入します。
健康保険をはじめとして厚生年金保険や雇用保険、労災保険などが一般的な社会保険です。

薬剤師の場合は、この社会保険加入だけでは十分ではありません。
日々の調剤や服薬指導の業務において、患者の身体に害を与えるような
調剤事故のリスクを絶えず孕んでいる業務だからです。

このような万が一の調剤事故が起こってしまった場合に、法的に調剤を行った薬剤師に対して
賠償責任が問われた場合の備えとして存在する保険があります。

それが、薬剤師損害賠償保険です。

薬剤師損害賠償保険は、調剤事故や薬局内などで不慮の事故・不測の事態が起こってしまい、
患者の身体に損害を与えてしまった場合などに、
賠償責任を問われた際に保険金が支払われるものです。

まさかの自体の備えとして、安心して日々の薬剤師業務に打ち込めるよう
必ず入っておくべきリスクヘッジのための保険と言えます。

施設契約か?個人契約か?

上記のように、薬剤師にとっては非常に重要でぜひ加入しておきたい
薬剤師損害賠償保険ですが、果たしていったい誰が加入するのでしょうか?

大別して2通りの加入の仕方があります。

1つ目は施設契約といって調剤薬局単位や病院の薬剤部全体で
契約して加入しているものです。

これは、その職場が契約の対象ですので、あくまでもその契約している
「施設内で起こった」調剤事故や事態だけが対象となります。

また職場によって、この施設契約に薬剤師全員が加入している職場や、
正社員の薬剤師のみが加入していてパートやアルバイトの薬剤師は加入していない、
など職場によりまちまちです。

後者の場合には未加入のパートの薬剤師が調剤事故を起こした場合には
施設内であっても保険は適用されず、補償されないという事態になります。

2つ目は、薬剤師個人が契約する個人契約です。

これは、薬剤師個人が薬剤師損害賠償保険に加入する契約の仕方で、
この場合は、薬剤師が転職してどの職場になっても、
調剤事故などを起こしてしまった場合に、保険が適用され補償されます。

薬剤師を生涯続ける意思があるのならば、後者の個人契約の方をオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ