薬剤師の名前検索に関する考察

208847fb1250b4789cea788bfdec7507_s

「薬剤師の名前をweb検索すれば、資格の有無がわかるってホント??」

「薬剤師資格確認検索システム」について

厚生労働省が2008年4月1日から運用をしている制度がこの「薬剤師資格確認検索システム」です。
これは、

薬剤を入手する患者(国民)が、薬剤師でない者から調剤を受ける危険性を回避するために情報を開示する必要がある

という観点から、実施されているシステムです。

これにより、国民(薬の提供を受ける者)は、偽物のインチキ薬剤師に騙されて
薬剤の提供を受けるリスクを低減することができます。

このシステムに薬剤師の名前を打ち込むことで、その薬剤師が薬剤師国家試験に
実際にいつ合格したのかがわかるように厚生労働省が公示しています。

名前の検索は漢字で正確に

ただし、この「薬剤師資格確認検索システム」、
カタカナでフルネームを打ち込んで検索してもまったくヒットしません。

嫌疑を抱いている薬剤師が
本当に薬剤師の免許資格を有してるのか否かを調べたい場合には、
必ず、正しい漢字で姓名ともに打ち込んで検索しなければいけません。

結婚した女性の場合、旧姓での登録が抹消され、1回目の登録から新しい姓での登録となります。

2年に1度の届け出申請が義務

なりすましの無免許医師を調べる厚生労働省の「医師等資格確認検索データベース」がありますが、
「薬剤師資格確認検索システム」というのは、
「医師等資格確認検索データベース」の薬剤師バージョンとして作られたものです。

当然、精密で詳細で最新のデータベースでなければ意味がないので、
医師などと同じく薬剤師も2年に1度
所定の届け出用紙に薬剤師名簿登録番号をはじめとする必要記載事項を明記して
届け出申請をすることが義務付けられています。

これにより、仮にもともと薬剤師免許持っていた者でも、何らかの不祥事や
不手際を引き起こして資格をはく奪されたり取り消しになったりした場合にも、
名前さえ正確に打ち込めば検索で資格の有無を国民は知ることができるわけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ