薬剤師の在宅医療について

hands-736244_640

「薬剤師の在宅医療について教えて!!」

時代が必要としている「在宅医療」

日本は、もう既に高齢化社会に入っています。
それに伴い一人暮らしの高齢者や、家族と暮らしていても家でほぼ寝たきりで
自由に出歩けない、といった高齢者の方々が増加しています。

このような病院に通院することもままならない高齢者への必然性もあり、
医師や看護師が患者さんの家に出向いて医療行為を行う
「在宅医療」は現代では不可欠なものとなってきています。

薬剤のことがわかる薬剤師が在宅医療チームには必要不可欠

「在宅医療」で医師と看護師が患者や高齢者の家に直接行って医療行為に当たっても、
必ず大きな問題に突き当たります。

それは薬の問題です。

特に看護師は、訪問した家で自分が飲む薬についての質問や服用に際しての疑問などを
たくさんされるのが常だと言います。看護師は看護することにおいてはプロですが、
薬剤の知識は正直あまりありません。
医師にしても、その在宅患者や在宅高齢者個別の薬剤など逐一細かく把握して
説明することは困難です。

やはり、薬には薬のプロである薬剤師の存在が不可欠なのです。

このような経緯から、特に在宅患者、高齢者と最も接する機会の多い看護師から

「在宅医療にぜひ薬剤師を!」

という声が大きくなり、今では薬剤師が医師から処方された薬を持ち、

患者や高齢者の家に出向いて個別の服薬指導を行い
在宅患者の小さな疑問にも納得がいくまで懇切丁寧に説明する

といったスタイルをとる在宅医療チームが増えてきています。

地域ごとに増えている「在宅訪問薬局」

上で述べたような在宅医療チームの一員として参加する薬剤師を、個人単位ではなく
調剤薬局全体で病院(医師、看護師)やケアマネージャーやヘルパーといった
在宅介護スタッフと連携をとって参加協力している薬局が、
地域ごとにどんどん増えてきています。

このような薬局を「在宅訪問薬局」といい、
在宅訪問に特化した地域の拠点の薬局として大きな役割を果たしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ