薬剤師になるのに学歴は必要?偏差値はどのくらい?

a0002_008711_m
今、薬剤師の求人状況が大きく変わろうとしています。
薬剤師の資格人気の上昇を受けて、各私立大学はこぞって薬学部新設に乗り出しました。
そのため、首都圏ではすでに始まっているのが「薬剤師の飽和状態」です。
少し前までは売り手市場だった薬剤師も徐々に「薬剤師選別」の時代となっているのです。
では、どこで選別するのでしょうか?

まだ薬剤師としての就職経験のない学生さんや、転職経験のない方が
特に心配されるのが「学歴」です。
「大学の偏差値で就職が有利になったり不利になったりするのではないか」と。

たしかに、学歴は一番バロメーターとしてはわかりやすいかもしれません。
では、学歴では、一体何の優劣が分かるのでしょうか。

そうです、大学の偏差値からわかるのは「受験勉強の点数」なのです。
もちろん、受験勉強を頑張れたかどうかで判断する人がいないわけではないのが現実です。

しかし、先ほども述べたように、薬剤師業界は「選別の時代」へ移行しています。
いまさら、「受験勉強の点数」で仕事の優劣をつけるだなんてナンセンスなことはしません。

薬剤師として就職するにあたって、一番重視されるのが、
「何をやってきたか」
「何を学んできたか」
ということです。

つまり、今まで培ってきた経験で判断されます。

ということは、もはや「どこで学んだか」などは気にされず、
いままでどんなキャリアを積んできたかということですね。

大学の偏差値でキャリアアップを踏みとどまっているみなさん。
いままでの経験をもとに、キャリアアップを図ることは十分可能です。

リクナビ薬剤師やヤクジョブ等の転職サイトでは、専属のコーディネーターがつきますので、
そういった学歴や自身のキャリアなど、転職で不安な点はすべて相談ができます。
一歩踏み出す勇気、出してみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ