薬剤師の就職に学歴は必要?薬剤師の求人

CF172_L
薬剤師の資格の人気は年々高まる一方で、
各私立大学ではこぞって薬学部を新設しています。
今では様々な薬学部出身の薬剤師が業界にはたくさんいます。

もちろん有名大学から無名の三流大学まで、それぞれの学歴は様々です。
薬学部といえば医療系資格。
当然一般市民からしたら、高学歴資格だと思うのですが・・・
やはり業界内では「学歴コンプレックス」なるものが多いようです。

しかし、このような心配をするのは、
まだ薬剤師として職務経験のない薬学部の学生か、
薬剤師として転職経験のない方ばかりだそうで。

実は、薬剤師としてキャリアアップするのには、
まったくといっていいほど学歴なんて関係ないのです。

というのも、やはり薬剤師としての一番の魅力は、その人の知識と技術なのです。
ということは、「どこで学んだか」ではなく「何を学んで、身につけてきたか」。
つまり、キャリアでしかないということです。

有名企業の研究職として働きたい!とかいうわけではない限り、
学歴なんてまったく気にされないというのが現状です。

では、どこで勝負すればいいのでしょう?

そうです。
「いままでやってきたこと」をいかに効果的にアピールできるか
薬剤師としてキャリアアップするきっかけである転職を成功させるカギになるのです。

もちろん、転職がはじめての方は混乱するでしょうし、
薬剤師としての転職のプロです!なんて人はそうそういませんよね。

だからこそ、人を頼って、うまく利用してください。

転職サイトにはコーディネーターと呼ばれる専属サポーターが付いているサイトがあります。
リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのサイトですね。

そういったコーディネータは薬剤師業界の転職事情はプロといえます。
プロの力をうまく借りて、自己PRを成功させちゃいましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ