薬剤師の就職の現状について

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_m_

「薬剤師の就職の現状はどんな感じなの??」

ここでは、薬学部を卒業した新卒の薬剤師の就職の現状について考察していこうと思います。

(1) 薬学部新卒の「人気(理想)の就職先」と「リアルの就職先」の微妙なギャップ

近年は特に、薬学部生の新卒は「売り手市場」と言われ、
他学部生から見れば羨ましほどの引く手あまたっぷりに見えるのですが、
実際は、そんな薬学部の新卒者にも理想と現実のギャップはあるようです。

まず、学生たちの理想(人気)の就職先の順で言えば

  • 1.製薬会社の研究員
  • 2.病院の薬剤師
  • 3.製薬会社の営業員
  • 4.調剤薬局
  • 5.ドラッグストア

の順のようですが、リアルで就職した先の人数の多さの順で言えば

  • 1.調剤薬局
  • 2.ドラッグストア
  • 3.病院の薬剤師
  • 4.製薬会社の営業員
  • 5.製薬会社の研究員

のようになり、多少、ギャップが生じているようです。

特に人気の製薬会社で新薬を作ったりする研究員は、非常に狭き門です。
倍率も高く、ハイレベルな国立大の大学院を出ていても受かるのは難しいと言われるほどだそうです。

(2) 広がり続ける薬学部新卒の就職先

そして、近年特に目立ってきている傾向としては、薬学部新卒者の多彩な就職先です。
保健所をはじめとする公務員関係の官公庁、施設への就職はもちろん、
食品会社、化粧品会社、農政関係の職場、エステや美容関係の企業への就職など、実に多岐に渡ってきています。

時代の流れと言いますか、それほど旧来の医療や製薬以外の他分野でも、
薬学的アプローチを活かした製品やシステムを必要とされている証左でしょう。

これから、ますますこの傾向は強くなり、
薬学部出身者(薬剤師)の活躍するフィールドはますます広がり続けると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ