薬剤師の彼氏について

0d4bee6e023ee9443a5da4da4e7bc6d9_m_

「薬剤師の彼氏ってどうなの??」

ここでは、薬剤師を彼氏に持ったケースについて
あれこれざっと考察していきたいと思います。

(1) 彼氏としては堅い物件

薬剤師というお仕事は、調剤薬局、ドラッグストア、病院勤務、製薬会社勤務など色々ありますが、資格職であり、専門職なのでまず第一に「収入と身分が安定しています」
つまり、彼氏の会社がある日突然倒産したり、
業績不振のために彼氏がある時リストラされたりなんてことは薬剤師ではまず無いと思って良いです。

そういう点では、「安定感抜群の彼氏」と言えます。

収入も特別高くはないですが、安くもなく、
そんなに贅沢なデートでなければお金にも困りません。
金欠で彼女の財布をアテにしたヒモ彼氏に奢らされるというようなケースは薬剤師の彼氏ではまず無い筈です(笑)。

次に、職場にも依るとは思われますが、全般的に薬剤師の職場は、勤務時間や休日が決まっていて、
不定期な繁忙期や不規則な出勤や休出などが少なく(場合によってはほとんどなく)、
旅行やデートなどの予定が立てやすい彼氏だという点もメリットですね。
忙しくて、競争の激しい業界の彼氏のように急な仕事が頻繁に入り、
デートのドタキャンや旅行の取りやめが日常茶飯事なんてことは、薬剤師の彼氏の場合には、ほぼ無いと思って良いと思います。

(2) デメリットはフィールドの狭さ?

上にあげたように、安定した彼氏にするならオススメだと思われる薬剤師の彼氏ですが、デメリットはないのでしょうか?

あるとすれば、理系→薬学部→薬剤師の世界、という一般社会とは少し隔離されたような
狭い世界で生きてきたことによる常識や交友の狭さ
でしょうか?
まあ、これも人によるとは思うのですが、
一般的に理系の研究職の方などと同じような傾向はあるのではないかと思います。
デメリットというほどではないと思いますが、そのへんのズレはあるかもしれません。

まあ、でも全般的に見て、薬剤師の彼氏はオススメだと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ