こんな仕事も?!薬剤師を活かせる珍しい仕事があるって本当?

kushuri138

薬剤師が活躍している、珍しい職場があることご存知ですか。

これから転職や就職を考えている皆さんも、これを知らなきゃ損!
あなたにも新しい方向性が見いだせるかもしれません。

薬の広告企業

薬剤師でありながら、一般企業で働くという仕事もあります。
直接患者さんと関わることはありませんが、新しい薬の情報をいち早く知ることができ
やりがいを持って働ける興味深い仕事です。

患者さんのことを考えながら、その道のプロと相談しながら作る広告や宣伝。
プロから学ぶことも多く、新薬の情報や新しいことをどんどん
取り入れることができます。

麻薬取締官

公務員試験を別に受けて受かることが必須ですが、
薬剤師というのを活かし、国の最前線で働くことが出来るのがこの仕事です。
麻薬取締官は薬剤師が優遇されるといわれています。

また、宮内庁で専門の薬剤師として働くという珍しい仕事も
公務員試験を受けて受かれば可能になります。

薬剤を扱う物流倉庫内での管理業務

一見、一般事務のような仕事ですが、実はとても重要で、
責任のある仕事があります。

募集はあまりなく、珍しい仕事になりますが、
薬剤師を必要とする薬を扱う卸売会社で、
どのような薬剤をどこに置いているか管理をして
保健所に情報を書面で提出したりといった業務です。

それ以外の場面では、通常の一般事務をこなしているようですが、
会社に必要な人材で、とても珍しい求人です。

参考になりましたか。
これ以外にも電話対応の求人や企業や学校医務室勤務の薬剤師求人などもまれにありますので
気になる人は、リクナビ薬剤師などの求人サイトに登録し、
情報収集してみても良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ