短期バイトの薬剤師について

8fdbc4323350dbf418b3d58ca16df958_s

「短期バイトの薬剤師ってどんな感じ??」

薬剤師の短期バイトといえば…

薬剤師が働く職場は、調剤薬局、ドラッグストア、病院をはじめとして多岐に渡りますが、
その雇用形態も実にさまざまな人たちが混在して働いている職場も多いようです。

正社員はもちろん、パートやアルバイト契約で働いている薬剤師も少なくありません。

そのアルバイトの中でもとりわけ「短期バイト」となると、
バイトの中でもかなり特殊な部類になります。

他の職業と違い、薬剤師は知的専門職であり資格職であるので、
誰でもできる仕事ではありません。
なので、通常は人材が現場に常に不足がちであり、
パートやバイトの雇用形態であっても長期バイトを募集するのが相場だからです。

しかし、その職場や地域的な問題などで、短期バイトの薬剤師を募集している職場もあります。このような場合、通常の公募求人ではなく、
多くの場合、人材派遣会社などに依頼を出すケースが多いようです。

ですから、薬剤師の場合の短期バイトといえば、
ほぼ派遣の薬剤師
だと考えて良いでしょう。

短期バイトのメリット

薬剤師の短期バイトの場合、そのほとんどが派遣契約の場合が多いわけですが、
その長所とは何でしょうか?

まず短期という短い期間だけの契約のため、
自分に合わない・馴染めないような職場だったとしても

契約した短い期間さえ我慢すれば、職場のしがらみに拘束されない

というメリットがあります。
人間関係に深く縛られるのが苦手だ、という人にも向いているかもしれません。
加えて、派遣の短期バイトの場合に多いのが、

  • 地理的に交通不便
  • 慢性的に人材が不足している

といった特殊な状況を抱えた求人先であることが多いため、
時給(給料)が通常よりかなり高め設定の募集条件が多いのも
大きなメリットと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ