薬剤師に英語力は必要?TOEICの点数は必要?

a1180_016564_m
薬剤師になるにはtoeicの点数は必要ですか?
よく薬学部の学生がする質問のひとつです。

近年、どこの企業もグローバル化が進み、
ビジネスチャンスを逃さないためにも英語は必須となっています。
そのため、社会で活躍できる人材として
英語力のある人というのが重宝される時代になりました。

就職試験にあたって、英語力を図るバロメーターといえばtoeicですね。
各企業、グローバルな人材確保のために、躍起になっています。
ですから、応募資格条件に「toeic ○○点以上」なんて会社もあるくらいです。
では、薬剤師業界はどうなのでしょうか?

調剤業務に英語力はあまり関係ない

ドラッグストアや調剤薬局で勤務する場合、
英語はほとんど必要ありません。
英語が苦手な方、安心してください。

英語ができないから、薬剤師として就職するのに
不利であるということはないようです。
しかし、実は持っていて損はないのが現状です。

英語力を活かした薬剤師業務

製薬会社などは、今では外資系企業が強いのが現状です。

そのため、外資系の製薬会社で薬剤師として働く場合、
英語の医療文献が読めたり、
海外研修に参加できたりとメリットは多いです。

また、調剤スキル以外の面でのスキルでも評価されるので、調
剤業務だけの薬剤師よりも給料的に有利だとも言えます。

自分の仕事の幅を広げ、キャリアアップにつなげるという点においても、
これから就職活動をする学生にとっても、転職活動をする人にとっても、
英語力を身につけることはメリットであるといえますね。

とはいえ、英語を活かしたい人、英語が苦手な人など様々ですから、
リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師できちんと企業の採用状況に目を配り、
自分のやりたいことをしっかり見据えることが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ