薬剤師は常に勉強の日々と言われますがどのくらいの勉強時間が必要ですか?

fe8bedcb8093462de4b49a92b08496c9_m_

「薬剤師は常に勉強の日々と言われますがどのくらいの勉強時間が必要ですか?」

今日はこんな質問を頂いたので、
薬剤師の日頃の勉強時間について考察してみたいと思います。

ひとえに薬剤師と申しましても、職種や就業先によって異なるかと思いますが、
さらに薬剤師自身がどのようなを将来設計を立てているかで違いが出てきます。

例えば、どの職種であっても薬剤師の資格を活かした場では、薬剤のプロとして知識や技術が求められます。

日々新薬が開発されていく中では、新しい知識を修得していかなければいけませんし、
病院や調剤薬局、ドラックストアにおいても、新しい症例やニーズが多様化すれば、
服薬指導をする上でも様々な知識が必要となります。

特に病院や調剤薬局では、特に専門知識が必要とされる、
チーム医療や地域医療に取り組んでいるところもあります。

今後、高齢化が予想され、それに伴ない在宅医療に取り組むところも増えていくかと思われます。そうなると、在宅医療に関する知識や経験が求められます。

薬剤師は、ほとんどが仕事の中で日々勉強と言われますが、福祉や医療の資格取得、語学の勉強をされている方もいます。
それは、将来的に転職を考え、認定薬剤師や専門薬剤師などの資格を取ったり、仕事の幅が広げる為です。

就業場所によっては、資格手当が出るところもあります!
専門性が高まり、仕事の幅も広がり、さらに収入アップに繋がるのであればプライベートを削ってでも勉強に励むというかたもいるわけです。

ただ、そうなると勉強時間が足りないのではないかと思う方もいると思いますが、
就業場所によっては薬剤師の育成に力を入れているところもあり、
そのような場所では、定期的な勉強会や院内研修などを行っているのです。

そのため、大切なことは将来的にどのような薬剤師になりたいかはっきりとさせておくことです。
就職や転職において、全ての条件が合わなかったとしても、
スキルアップを目的とした条件で転職を決めるという方もいます。

とはいえ、薬剤師不足によって求人の多い今、
将来的に不安はあっても実際何をしてよいかわからないという方もいるかと思います。

薬剤師の転職サイトでは、転職活動だけではなく様々な相談に応じてくれますので、
今後どのような薬剤師を目指していきたいか、どういった職種が自分の条件に合っているかなど、今のままでは不安があるのという方は転職サイトを利用してみると良いと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ