薬剤師が楽そうと言われたのはもう過去の話

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s

一般の人からすると、薬剤師は

医師の処方箋を元に調剤を行い、説明書通りに服薬指導を行う楽そうな仕事

というイメージを持たれる方が多いですが、決してそんなことはありません。

薬剤師の業務

処方箋を受け取ったあとの業務としては、すぐに調剤業務を行うわけではなく、
処方箋の内容を全てチェックし、内容をきちんと記録してからはじめて調剤が開始されます。

調剤後、薬をお渡しする際にも、ただ渡すだけではなく、
薬歴を確認し飲み合わせに問題はないか、副作用の心配はないかなどをチェックします。

また、患者さんからの質問や相談にも応じ、
受け渡し後もその内容について薬歴を作成するなど、
調剤業務はただ薬を用意して渡すだけではないことは理解していただきたいところです。

幅広い知識が必要

それに、医療の進歩や新薬の開発により、資格取得後も知識習得のための勉強が必要ですし、
医薬分業が広まったことで、
門前の薬局でも幅広い知識や分野が求められるようになってきました。

また、高齢化社会によって地域医療など、医療を取り巻く環境も変化していく中で
チーム医療の一員として責任ある仕事を担っています。

病棟業務をすることも

近年では、病院でも調剤業務だけではなく、患者さんのところに直接足を運び
薬剤管理や服薬指導をするなど、病棟業務をするところも増えています。

病棟業務では、医師や看護師同様にカルテを記入し、カンファレンスにも参加します。

その中では積極的な情報交換も必要ですし、
医師や看護師からの問い合わせにも答えられるよう、
より専門性を高める勉強や幅広い知識も必要となります。

また、これまで薬剤師にはそれほど求められることのなかったコミュニケーション能力や
問題解決能力
などを高めることも必要になっています。

一見専門分野なのだから楽そうと思いますが、患者さんの他に
医師や看護師ともコミュニケーションをとる必要のある大変な仕事なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ