薬剤師パートで働く際の年金について

nenkin
「薬剤師パートで働く際の年金について」

パート薬剤師として働こうと考えている方にとって気になるのが、厚生年金や健康保険などの
社会保険への加入かと思います。

扶養の場合の年収制限

結婚や出産、介護、家族の転勤など様々な理由で退職される方や一時的に離職される方などは、
家族や旦那さんの扶養に入られる方も多いでしょう。

また、一段落して復職を考えられる方も多いと思いますが、フルタイムや正社員としては、
まだ時間的に無理という方は、アルバイトやパートといった雇用形態で仕事に復職される方もいますが、

  • 家族や旦那さんの扶養に入っている場合には、年収103万円以下
  • 社会保険の扶養者であれば、年収130万円以下

の収入に抑えなければいけません。

この時、結婚や育児、介護など様々な理由によって、働ける曜日や日数が限られている場合には、
自分の条件に合った就業場所を探せば良いのですが、人によって雇用形態を変えられる理由は様々なので、
場合によっては、パートであっても社会保険に加入できる勤務先を探すことが必要なこともあるかと思います。

扶養から外した方がいいケースも

例えば、今後も転勤の可能性のある方や、未経験であったり、ブランクがあるために
将来的には正社員としての雇用も考えているが、今はパートとして経験を積みたい
という方もいますので、その場合には、扶養から外れて勤務先の社会保険に加入した方が
時間を気にせず、自分のペースでお仕事が進められます。

薬剤師の場合、他の職種に比べて時給が高く、扶養の範囲内で考えてしまうと、
週1や週3、午前や午後と勤務時間を抑えなくてはなりません。

パートでも一定条件をクリアしていれば社会保険に加入できる

たくさん仕事をしてもっと稼ぎたいという場合には、国民年金や国民健康保険に
自分で加入することになります。
また、雇用形態がパートであっても一定の条件を満たしていれば、勤務先の社会保険に
加入することもできます。

  • 1日または1週間の労働時間と1ヶ月の労働日数が正社員の4分の3以上であること
  • 雇用保険であれば、週20時間以上31日以上の雇用見込みあること

とはいえ、独自に自分の条件に合った薬剤師パートを探すとなると容易なことではなく、
トラブルも多いのが現状であります。

無用なトラブルを避けるために薬剤師専門の転職サイトを利用しよう

薬剤師不足のことから社会保険加入OKとあったのに、雇用形態がパートの場合は加入できないとか
シフトや勤務先の都合でなかなか入れない場合、扶養の範囲内でとしていたのに
人手が足りず勤務時間が大幅に超えてしまうなどといったこともあります。

そういったトラブルを避け、自分の条件に合った仕事を探されるのなら
薬剤師専門の転職サイトを利用することをおすすめします。

パートの年金についてや自分の条件に合った求人の紹介、気になる求人先の細かな詳細など、
担当のコンサルタントが様々な相談にのってくれます。

雇用形態がアルバイトやパートだと、転職サイトを利用するまでもないと
思われる方も多いのですが、雇用形態に関係なく、サポートをしてくれますので、
不安や心配な点がある際には、1度相談してみると良いと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ