薬剤師求人にある、「託児所完備」の注意点

kushuri118

育休から復帰するときや、他病院などの薬剤師の求人情報でお子さんがいる方の注目点は、
託児所があるかないか…が多いです。

職場復帰する際に、お子さんを預かる託児所や保育園。
託児所完備という文字を見て、簡単に安心してはいけません。ないよりある方がもちろんいいですが、託児所もさまざま。

今回は託児所事情について焦点を当てていきます。

託児所あり求人も必ず確認して!

大型病院では、独自に認可託児所を運営しているところがあります。
その場合は比較的スムーズに、安心して預けることができますが、万が一病院と契約している、斡旋しているだけの託児所であれば、しっかりと確認してから預けましょう。

中にはビルの一室を貸し切っているだけの託児所もありますし、そうなると子供の健康状態に心配が出てきます。
また、ご自身の職場からの距離や、家からの距離も確認して下さい。
子供が急に病気になった時などに託児所に戻れないのであれば、元も子もありません。

それに合わせて、子供が感染症になった場合などは外出禁止ですから、仕事も休まなくてはなりません。
仕事を始めてみたら融通が利かず
「子供のために休みも取れなかった…」
という人の話も時々耳にしますから、転職・職場復帰前に気をつけましょう。

薬剤師求人だけでは説明してくれない保育園料金

託児所が完備だとか自身にとって知りたい情報は、もちろん質問などをして入社前に知るものですが、実はあまり知られていないのが保育料金。
これが結構高いものだと思われていて、これで職場復帰を断念する人の多いのが現状です。
実際の保育園の料金は、前年度の給与ベースで計算されるので、最初の年、育休明けの保育料金はかなり安めだと言えます。

次の年から金額が上がりますが地域によって上限がありますから、驚くほど高くなるわけではありません。
まずは相談してみましょう。

自分の仕事の事はもちろん色々と確認してからなわけですが、託児所や保育料金に関しては、忙しいママ達はなかなか時間が取れず、聞くのを忘れてしまいがちです。
また、周囲に詳しい人がいないというのもありますね。

お子さんの健康なども考えて、まずは託児所は必ず実際に見に行きましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ