薬剤師の求人における時給の考察

64f9cb6f1150b45feb43e6bddacb9b86_m_

「薬剤師の求人の時給ってなんで高いの??」

ここでは、薬剤師の求人情報における、時給で働くアルバイト、パートタイマーの
薬剤師の時給について考察してみたいと思います。

(1) なぜ薬剤師の時給は、他のアルバイトより高いのか?

アルバイト、パートタイム労働者には様々な職種のものがありますが、
だいたい普通のアルバイトの場合、時給で800~1000円弱ぐらいが相場です。

それに引き換え、薬剤師のアルバイト、パート募集の求人になると、
時給2000円以上が普通であり、中には時給3000円を超える求人も珍しくなくあります。
薬剤師のバイトの時給相場は、他の一般的なバイトの時給相場の軽く倍はあるのです。

なぜ、こんなに薬剤師の時給の相場は高いのでしょうか?

それは、「誰でもできるアルバイトではないから」です。

まず、薬剤師免許という国家資格を持っていなければ、
アルバイト、パートといえども薬剤師のお仕事はできません。
そして、その前段階として、難易度の高い大学の薬学部受験に合格しなければなりません。
さらに、合格した後も、現在の薬学部は医学部と同じ6年制であり、6年間しっかり薬学を勉強しなければいけないのです。

薬剤師になるまでの努力、勉強の蓄積量が「普通のバイト」とは比較にならないわけです。

ですから、誰でもできる仕事ではなく、限られた薬剤師の免許を持つ人しかできない
専門職(アルバイトとはいえ)に該当するので、時給は他より高くて当然と言えます。

(2) なるまでは大変だが、生涯食うに困ることはない専門職

上にも述べた通り、誰でもできる仕事ではない薬剤師の仕事なので、
常に人が不足気味で、人材確保が大変なのです。
ですから、少々時給を高めに設定しても人材が欲しいから相場が高くなるのです。

中には、へき地や無医村や薬局の無い地区とかがあります。
そういった場所では薬剤師も貴重な人材なので、時給は破格の4~5000円で、
更に住居まで借り上げ社宅として提供する、といったような厚遇条件の求人も珍しくありません。

大学受験時から苦労して勉強してきた人の就く専門職ですから、これぐらいのメリットはあるのです。まさに手に職をつけた仕事が薬剤師と言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ