薬剤師研修センターについて

e3f0d3a19994ddbe9b5ae9218e3c34f7_m_

「薬剤師研修センターについて教えて!!」

(1) 薬剤師研修センターの沿革

日本薬剤師研修センターは、1989(平成元)年に厚生省薬務局の認可の下、
新たに設立された財団法人でした。

設立の目的は、日々進化する薬事医療に対応する優れた薬学的ケアを行なう
能力の高い薬剤師の需要という社会的要請に応えるべき育成期間の必要に迫られたこと、
そして、薬剤師における生涯学習を支援し、それを推進する機関というものです。

平成24年4月1日より、公益財団法人に移行しています。

(2) 薬剤師研修センターの活動内容

日本薬剤師研修センターの活動内容としては、様々な分野や職場で活動しているすべての薬剤師が、
進化する薬事医療の時代のニーズに応えられ、
自分の資質を絶えず向上させることを目標とした活動を行っています。

具体的には、薬剤師が常に新しい知識やスキルを修得し、
職務の幅と深度を増大させることができるように各種の研修会を開催したり、特殊研修を催し、
研修認定薬剤師の認定を行ったり、ビデオ(DVD)研修およびe-ラーニング研修などを行っています。

(3) 薬剤師研修協議会との連携

薬剤師研修協議会とは、日本薬剤師研修センターと各都道府県の薬剤師会、
病院薬剤師会や薬科大学、製薬団体および医薬品卸団体などが連携して、
各都道府県に設置したものを呼びます。
あらゆる職域における薬剤師の生涯教育の推進を図ることを目的としています。

研修認定薬剤師制度についても、この薬剤師研修協議会が、日本薬剤師研修センターから認定業務の一部を委託されており、両者の連携は密になっています。

(4) 薬剤師研修センター主催の主な研修

日本薬剤師研修センター主催の大きな柱としては、
「薬局・病院・診療所勤務薬剤師対象研修会」
「企業等勤務薬剤師対象研修会」

そして近年新たに加えられたものとして
「病態と薬理を理解して薬学的ケアを実践する各種がん研修会」
の3つです。

最後のものは、日本臨床腫瘍薬学会の「外来がん治療認定薬剤師」認定に必要な
研修単位取得のための対象研修会として認定されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ