薬剤師の転職において面接の服装はどこまで気を付けたら良いの?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

薬剤師に限らず、転職となると服装に悩まれる方は多いと思います。

新卒での就職とは違い、面接だからといって転職にリクルートスーツを着るというのは、
なんとなく違和感があるという方もいますよね。
でも、その違和感は面接する側も同じように感じているかもしれません。

年齢に合った服装を

面接というのは、経歴や能力を見るだけではなく、人柄や性格なども判断される場なので、
身だしなみに気を付けるのは当然ですが、年齢に合った服装を心掛けることも大切です。

中途採用の場合は着用するスーツや着こなしで評価されることはあまりないので、
スーツであれば、それほど極端に面接を意識したものではなくても良いかと思います。

ただ、よれよれであるとか色落ちがある、上下が揃っていない、色が派手目のものだと
清潔感や人柄を疑われてしまうこともあるので注意が必要です。

薬剤師の多くは病院や調剤薬局へ転職される方が多いですが、
面接する場においては、特に患者さんが利用する場所では、
身だしなみや清潔感は大切になってきます。

色のチョイスも考えて

また、スーツカラーにおいては派手目でなければ良いとはいえ、
病院などでは黒色のスーツはあまり良い印象を受けないこともあり、
少し穏やかな色のスーツがおすすめとも言えます。

落ち着いた色のスーツであれば問題はないとはいえ、
職場によっては、カラーが思わぬ強い印象を与えてしまうこともあるので、
そういった点も少し考えておくと服装の面では心配はないかと思います。

面接は服装を重視するというわけではありませんが、人が服用する薬を扱う専門家としては、
清潔感や姿勢といった見た目の印象というのはかなり大きいです。

清潔感や面接に対する姿勢を見ているかも

とはいえ、リクルートスーツでなければと堅苦しく考える必要はありません。
社会人としての身だしなみ、清潔感を最低限気を付けていれば、普段着用するようなスーツでも良いと思います。

あと、面接においては服装以外にも、持ち物として鞄や履歴書、職務経歴書などの
書類の扱い方にも気を付けるようにしましょう。
薬剤師は、処方箋や資料などを扱う仕事が多いので、管理するという面では、
そういったところも見ていることが考えられます。

なので、書類がすっぽりと入る大きめの鞄を持って行くことと、
提出する書類には汚れや折り目などが付かないように注意しておくと心象が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ