薬剤師26歳の転職について

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_m_

薬剤師として仕事を始め、1年目は研修期間があったり、
仕事に慣れるために知識や経験を修得することでいっぱいでありますが、
2年目に入ると仕事や環境にも慣れて、これまで見えていなかった面が見えてくることがあります。

例えば、
「仕事内容や人間関係、年収などに関しては、
 満足していたものの、肝心の仕事に対して興味がない」

「資格を取得したいが、今の職場の状況では勉強や研修の時間をとることができない」

など、薬剤師として仕事をすることで
今以上のスキルアップを目指したいと考えたり、薬剤師の資格を他の職場で活かしてみたいと考え始める方もいるかと思います。

病院や調剤薬局、ドラックストアなど調剤業務や服薬指導をする中で、
多くの患者さんともコミュニケーションをとったり、医療の現場を目にすることもあります。
その為、
「医療の現場において薬剤師としてもっとできることはないか」と考えているうちに、
新薬の開発などに興味をもち、企業や製薬会社への転職を考えるという方もいますし、
その逆のケースで
「現場で薬剤師として働きたい」と企業から病院や調剤薬局に転職を考える方も実際にいます。

こういった場合は、転職においても明確な希望や目的があるので、
転職においては問題はありませんが、転職理由が明確でない場合や
よほどの理由がない限りは、待った方が良いかと思います。

ただ、職種が極端に変わる転職となると業務や仕事内容も全く異なるので、
きちんと情報収集をしておかないと思っていたのとは違っていたと感じたり、また転職を考えてしまうなんてことにもなりかねません。

若いうちはいろいろなことに興味が出てきますし、
病院や調剤薬局での薬剤師の就業場所は狭い空間なので、
ちょっとした原因でも嫌になることもあるかと思います。

どんな理由であれ、続けられないと感じた時にはその思いが大きくなりすぎてしまっていて、
転職以外に考えつかなくなってしまうかもしれません。
しかし、今は薬剤師不足によって求人が多いとはいえ、今後は薬剤師が飽和状態となり、
仕事を選ぶというよりは人材として求められるかが重要になってきます。

薬剤師としてどうありたいか、
どのような薬剤師を目指したいか明確にしておくことが大切になってきます。

転職活動というのはいつでもできますので、
まずは薬剤師専用の転職サイトに登録してみるのはいかがでしょうか。
転職サイトでは専門のコンサルタントがいろいろと相談にのってくれますし、条件にあった求人の情報も提供してくれます。

また、実際に希望する職場で働いている方の口コミや感想も閲覧できるので、
参考にしてみると良いと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ