独立行政法人で働く薬剤師の給料について

a0001_015446_m_

「独立行政法人で働く薬剤師の給料ってどれぐらいなの??」

ここでは、独立行政法人で働く薬剤師にスポットを当て、
その給料などを中心に考察していきたいと思います。

(1) 病院勤務とも少し異なる独立行政法人の薬剤師

独立行政法人というのは、行政から独立した、
すなわち行政が関与しない組織及び団体の名称です。
勤務形態としては、大学病院や専門の医療機関と類似していますが、少し違う点もあります。

ここの薬剤師の業務は幅が広く、診察や治療に関わることは勿論、
あるテーマの医療に関する調査研究にも関わったり、技術者の育成業務にもあたったりします。
大きく分けると、独立行政法人の薬剤師の業務は、
診察を主とするものと、研究を主とするもの、2つに類別されます。

診察としては、一般の病院ではなかなか取扱いの難しい、
いわゆる「難病」と呼ばれる病気を主に扱います。

患者個別と徹底的に向き合い合議して、治療法を検討し、効果的な治療法やプランを考えていきます。

研究としては、主としてあげられるのが新薬開発の業務です。
そして、各方面に対してその新薬を中心とするセミナーや講習会を行う業務もあります。

(2) 独立行政法人の薬剤師の給料は高め

独立行政法人で働く薬剤師の給料ですが、平均的な年収は400~800万円と言われています。
これは、標準的な一般の病院の薬剤師の年収と比較するとかなり高めに設定されています。
これはやはり、一般的な薬剤師よりも更に高度な専門性を要求され、かつ活動するフィールドが広いことが要因と思われます。

また、独立行政法人では、一般的な病院や薬局に勤務する薬剤師よりも給与体系が細かく規定されていることが普通です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ