派遣薬剤師が活躍する調剤薬局

yakuzai08

高齢化社会が進み、一人の患者さんが複数の病院を利用し、様々な薬を服用をするために、病院の薬局では薬の管理をすることが難しく、病院薬局が減る中、医薬分業化により調剤薬局の数が増えてきました。

そのため、調剤薬局では薬剤師が不足し、正社員以外にもパートや派遣の方が働いているということも珍しくはありません。

特に処方箋の多い調剤薬局では派遣社員を雇うことも多くなっていますし、耳鼻科や皮膚科など季節によって処方箋が増える場では、その間単発的に派遣を依頼するところもあります

薬剤師派遣はバイトやパートに比べて時給も良く、就業場所によっては正社員よりも給与が高いと言われていて、自分の勤務条件に合わせて仕事も紹介してもらえるのでメリットの多い雇用形態です。

ただ、派遣とはいえ業務内容は正社員と変わらず、調剤や服薬指導を行うので、正直処方箋の多い職場となると、即戦力のある方が求められることもあり、経験者であればその分待遇も良いですが、未経験となると思っているよりは時給が低い場合もあります。

もちろん他にもデメリットがあるので、薬剤師派遣を考えているのであれば、少しでもデメリットを解消するために登録する派遣会社はきちんと選ぶことが大切です。

派遣会社の中には、こちらの条件よりも会社の利益を優先して、全く異なった条件の職場を紹介する会社もあるので注意が必要です。

調剤薬局の相場は、地域によって異なりますが、知識や経験によっては交渉することで提示されている時給よりも上げることも可能なので、紹介だけでなく交渉力やサポート体制がしっかりとしている実績のある会社を選ぶようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ