費用対効果の考え方から派遣の薬剤師が増加傾向

yakuzaishikawaii
『雇用側にとっては派遣の薬剤師を雇用する方が費用が安上がりだってホント??』

一般的に「高収入」が普通の派遣の薬剤師

薬剤師が多く働く職場である、調剤薬局やドラッグストアには、色んな契約形態(身分)の薬剤師がいます。
正社員はもちろん、時間給で働くパートの薬剤師、そして、アウトソーシングである、派遣会社から派遣されて現場で
働く派遣の薬剤師です。

一般的に、派遣の薬剤師は「高収入」で知られています。
パートの薬剤師が時給2000円で働いている店では、
派遣の薬剤師はその倍額の時給4000円で働いているといったような話はごく普通のことです。

派遣の薬剤師として働く最大の魅力の一つは、この「時給の相場が高い」という点でしょう。

雇用側の「費用対効果」の考え方

上で派遣の薬剤師は時給の相場が時給3000~4000円が普通で、非常に高いと書きましたが、その派遣の薬剤師を受け入れている職場(現場)の会社は薬剤師の時給と同じぐらいの額を、派遣会社にも払っているのが普通です。

つまり、時給4000円であれば、契約先である職場のドラッグストア(調剤薬局)側は、
1時間につき8000円を派遣会社に対して支払っているのです。

ではなぜこんなに高い人件費を払ってまで、派遣の薬剤師を雇うのでしょうか?

その答えは、「費用対効果」です。
つまり、それぐらい支払っても、トータルで考えれば、
社員を雇用するよりも「費用が安い」のです。

正社員を雇用すると、給料だけでなく、その採用費用、教育(研修)費用、社会保険にかかる費用、更には、賞与や
各種の手当、退職金や一時金に至るまで手厚くフォローしなければならないために、トータルではかなりの費用(コスト)がかかってしまうのです。

ですから、このような福利厚生や教育等にコストをできるだけ使わずに、必要な即戦力だけ欲しい、と考える経営方針の場合には即戦力である派遣の薬剤師を雇うことは高い時給を支払ってもメリットがあるわけです。

「費用対効果」は諸刃の剣

派遣の薬剤師は、その店舗(会社)に雇用されている正社員やパートの薬剤師と比べて、給与設定が高く、組織の縛りもない、最高だなあ、と思うかもしれません。

しかし、そんな良いことばかりではありません。

雇用する側の「費用対効果」の考えで、派遣の薬剤師の需要があるということは上述しましたが、調剤薬局やドラッグストアが経営的に苦しくなってくると、
その「費用対効果」の理念で真っ先に切られるのも派遣の薬剤師なのです。

売り上げが伸び悩んだりして、経営的に芳しくなくなると、経営陣は、まずコストカットを模索します。
余分な費用(コスト)として、調剤薬局やドラッグストアの場合、製品である薬剤をケチるわけにはいきません。

そこで、コストカットの一番の部分として「人件費」が削られます。

その「人件費」の中でも、労使関係の緊密な社員をクビにすることは難しく心情的にもなかなかできません。
そこで、単なる派遣会社との契約関係だけでアウトソーシングである
派遣の薬剤師は真っ先に契約を切られるという
優先順位になります。

つまり、派遣の薬剤師をやるには、
「いいときに稼いでおいて、切られても良い覚悟をしておく」という心構えが必要だということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ