赤十字病院での薬剤師の給料について

c6c81599b05bfbddf7b50d3ca68d6304_m

「赤十字病院の薬剤師の給料はどれぐらい??」

専門職だけに、常に売り手市場で待遇、給料の面でも良いのでは?
薬剤師には、一般的なイメージがありますよね。

ここでは、そんな中でも
赤十字病院の薬剤師の給料について考察していきたいと思います。

(1) 赤十字病院の給料は一般的な病院より高め

赤十字病院の薬剤師の給与体系や待遇面は、公務員に非常に近い体系と考えてよいと思います。
待遇面では、基本的に週休2日で、通勤手当、扶養手当、住居手当、残業手当などの各種手当の要綱はほとんど公務員と同じといっても良いくらい準拠していますね。

これは赤十字が全国組織だからでしょう。
細かい手当や、福利厚生については全国の各病院ごとに微妙に違うようですので、
個別に調べる必要があります。

給料面(年収)について、赤十字病院の薬剤師のざっくりしたガイドラインを言えば、
20代の薬剤師さんで、年収が500万円前後
30代の薬剤師さんで年収が600万円前後、というのが具体的な基準だと思ってください。

また、欠員による中途採用の他に、新部署の設立に伴う求人募集や、
事業の拡大に従った求人募集で薬剤師を募る場合も、赤十字病院には多いです。
この場合には、優秀な人材確保を急務としている募集のため、
給料面などの待遇を特に高めることで魅力を高めようとしますから、
上記の基準額より更に高い給料が望めるケースになります。

(2) 求人募集情報を知るには「リクナビ薬剤師」へ

赤十字病院の希望の各病院ごとの給料の情報が知りたければ、
リクナビ薬剤師」などのサイトに登録しておいて情報を逐一得るのが望ましい方法でしょう。
全国各地の希望の赤十字病院を希望して
求人募集情報を知らせてもらうこともできます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ