薬剤師の開発職への転職について

yakuzaishi
「薬剤師の開発職への転職について教えて!!」

薬剤師の開発職への転職は困難?

開発職に転職するというのはかなり困難なことでありますが、新薬の開発に関わる業種は
様々にありますので、職種によっては転職も可能になります。

とはいえ、研究開発に携わるのであれば、研究経験など最低限の経験やスキルなども必要です。

そのため、薬剤師からの転職であれば、臨床開発が未経験なので、医療機関での経験や薬の知識などを活かして、まずはCROやSMOで、CRA、CRCとして経験を積むことが必要になります。

段階を踏む

もちろん、CRAもCRCも開発職の1つなので、求人も少なく転職がしやすいというわけではありませんが、
将来的に製薬会社やメーカーに転職を考えているのであれば、研究開発の勉強や知識はもちろんのこと、自身が目指すものを明確にしていくことが必要なので、
段階を踏むことは必要不可欠であります。

実際、研究や開発職に就こうと研究に頑張ってきた新卒でさえも狭き門と言われていますから
前職で開発職をしていた方でない限りは開発職への転職はかなり困難です。

また、開発職には薬剤師の資格を持った方も多いですが、必ずしも必要な資格ではなく、
理系や生物、農学などあらゆる分野の人材も求められています。

なので、目指しているものは明確にあるものの、どのように転職を考えていったらよいのか
悩まれている方も多いかと思います。

転職サイトを活用しよう

転職サイトでは、求人情報の紹介や転職の相談だけではなく、
将来的な希望にも応えて、転職のアドバイスやサポートをしてくれます。

求人にも限りがありますし、人気の職種であれば応募する方も多いので、
必ずしも希望する求人が見つかるということではありませんが、どのように
転職活動を進めたら良いか、どのような経験やスキルが強みになるかなど、
様々な相談にのってくれますので、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ