鹿児島で薬剤師になろう!地元の薬剤師の転職

0505f08e4bbf5fec324672625dfcb4c1_m_

毎年毎年、今年こそは地元に帰って就職する・・・・!と
年初めに目標を立ててそのままになっている人、いませんか?
地元での就職を躊躇する理由はなんでしょう?

  • 求人が少なそう
  • 給料が低そう
  • 待遇が悪そう

などなど・・・・

いえいえ!
実はそれ、勘違いなんですよ。

普通一般企業では、首都圏に比べて地方都市の方が条件があまりよくないというのはあながち間違いではありません。
しかし、実は薬剤師業界ではまったく逆の状況なんです。

地元鹿児島で見事お給料アップ転職に成功したAさん

「少ない求人だったんですが、無事転職を成功させることができました!
東京で働いていたころよりも残業は少なく、お給料もアップで大満足です。」

Aさんの成功の秘訣はなんだったのでしょう?
薬剤師の地方転職事情を見ていきましょう。

地方での薬剤師求人のお給料

首都圏での薬剤師の平均年収は450万円~500万円と言われています。
専門職にしてはそんなにもらっていないなという印象ですよね。
実際に、年収の低さに転職を考える人も多いのが事実です。

しかし、地方での薬剤師の平均年収は680万円~と平均より高めなのが現状です。
というのも、地方都市は医療機関が非常に限られています。
そこで、近所の調剤薬局というのは
身近で頼りになる医療従事者ということで非常に重宝されるのです。
ですから、自然と求人の年収もあがってくるのですね。

しかし、少ない求人・・・どうやって勝ち取る?

医療機関よりも多いとはいえ、首都圏に比べれば地方の調剤薬局の数も限られます。
自然と求人数も少なくなってきますね。
少ない求人の中から、自分の希望とどうすり合わせていくかが問題です。
意外と骨の折れる作業なんです。

そこで、活用していただきたいのが、薬剤師に特化した転職サイトです。
リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師など、
大手リクルート会社が運営しているサイトもあります。

おすすめ転職サイトの選び方

まずは求人数が多いところを選びましょう。
やはり大手のサイトがいいですね。
次に、コーディネーターやキャリアアドバイザーの質で選びます。
口コミサイトなどで実際に使った人の評判を調べましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ