30歳の薬剤師転職について

tenshoku
「30歳の薬剤師転職について」

薬剤師の転職において30歳は新卒とほとんど変わらない年齢

30歳での転職というと、年齢的にも転職しやすいと思いますが、薬学部が6年制となってからは、
新卒とそれほど年齢が変わらないために条件によっては転職が難しい場合もあるようです。

とはいえ、経験や能力によって即戦力として期待されることもあり、年収アップや
スキルアップを考えた転職を目指すことも他の世代に比べると高いと言えます。

病院や門前薬局への転職は難しい

ただ、結婚や出産を考える世代というのもあり、
薬剤師に人気の病院や門前薬局においては転職は難しいといったこともあります。

というのも、病院の求人というのは、新卒であっても少ない状況であり、中途の場合には
ほとんどが欠員が出た時の募集求人となるので、今後すぐに産休や育休の可能性があると
判断されてしまうと、採用されないといったことも考えられます。

なので、自分の条件をただ推してしまうだけでなく、
就業先はどのような人材を求めているのかということも把握しておくことが大切です。

将来どのような薬剤師になりたいのかイメージしよう

転職理由は、収入アップやスキルアップ、職場環境や人間関係の良い場で働きたい、
育児との両立など、人によって様々ですが、転職に一番大切なのは、
やはり将来的に自分がどのような薬剤師を目指していきたいかということになってきます。

例えば収入アップの場合、好条件の求人を中心に探される方も多いですが、
好条件の求人が必ずしも本当に自分に合った条件のものであるとは限りません。

適当な薬剤師の人数が配置されておらず多忙な就業場であったり、これまでの経験や
能力が活かせず、求人情報の条件とは全く異なり、給与も1からのスタートとなって
しまうこともあります。

30歳は30代と同じくくりではなく、6年制卒業後は新卒と変わらずに見られることもありますし、
職種によって、これまでの仕事内容とは全く異なることもあるので、個人で探すとなると
戸惑いや採用後に思っていたのとは違っていたと後悔してしまうケースも少なくはありません。

とはいえ、30代で転職を繰り返してしまうと信用度も下がってしまいますので、
将来的に収入をアップさせるために、スキルアップやキャリアアップの条件を中心に
考えるのも1つかと思います。

要は、転職となると自分の条件に合った求人情報を探してしまいますが、まずは将来的な
目的を明確にし、そのプランを立てて進めていきます。

目的を達成するためには、どういった条件をクリアすることが大切なのかと優先順位を
つけることが大切になってくるわけです。

とはいえ、希望する就業先がどのような人材を求め、自分の希望する条件は、
これまでの経歴や経験からどのように活かせるかなど、よくわからないことも多いと思います。

薬剤師専門の転職サイトを利用しよう

そんな時は、薬剤師専門の転職サイトを活用し、担当のコンサルタントに
気になる求人についての詳細や希望の条件に合った求人があるかなど
相談してみるのも1つです。

コンサルタントは、条件に合った求人をただ紹介するだけではなく、これまでの経歴や
スキルを活かし、自分の目的に合った求人の紹介やプランなどもアドバイスしてくれます。

また、面接に同行し、本人に代って交渉などを行なってくれるなど、サイトによって
サービス内容も異なりますが、転職のあらゆるサポートをしてくれます。

転職に不安やどのように転職を進めたら良いかなど、悩む時には転職サイトを活用してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ