4年制学部卒、薬剤師への道

387c934072cd4f08ad760152cd1991bf_m_

平成18年に施行された改正学校教育法により、
薬学部による薬学教育は4年制から6年制に変更されました。
原則的に、薬剤師を目指すなら6年制の卒業が必要になってきますが、
平成29年度までに入学のもので、特定の条件を満たせば4年制の卒業生でも薬剤師の国家試験が受験可能だそうです。

ここでは、4年制と6年制の目指す道の違いなどについてご紹介いたします。

○ 4年制と6年制何が違うの?

簡単に言ってしまえば、
4年制は薬学研究者の育成目的6年制は薬剤師の養成が目的と言うところです。
ですから、入学時点で薬剤師の資格取得が目標の人は
迷わず6年制に進学される人がほとんどです。

となると、4年制の学部卒業者の多くは、研究者への道へ進むことがほとんどですが、中には医薬品関連会社でMRとして就職する人もいるようです。

○ 研究職の魅力

理系の学生であれば、多くの人が好きな研究を一生続けたいと言う人も多いはずです。
そのような人にとっては、研究が仕事になるなんて魅力的!と思われる方も多いかと思います。

しかし、薬学だけでなく、多くの理系研究職は、一般の就職資格に修士課程の取得が応募条件になっていることが多く、研究職として働きたくて4年制に進学しても、結局は大学院へ進学してから就職する人も多いです。

○ 研究職は狭き門

各企業の研究職の求人募集は、薬剤師の募集に比べて極めて少ないと言えます。
たとえ、大学院を出たとしても、研究職としての就職の道のりは険しいと言えます。
転職の場合、薬剤師としての経験が、研究職への転職に活きてきますので、
自分が今までにどんな経験を積んできたか効果的にアピールすることが必要になります。

狭き門だからこそ、リクナビ薬剤師などの転職サイトでの求人情報チェックや、
コーディネーターのアドバイスなどを参考に、チャンスを逃さないようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ