45歳以上の薬剤師転職について

tenshoku
「45歳以上の薬剤師転職について教えて!!」

年齢を重ねると薬剤師の転職は厳しくなる?

年齢を重ねると転職が難しくなるのではというお考えの方も多いようですが、
薬剤師の場合、調剤経験があるのであれば、年齢が高くてもある程度は希望に沿った
転職先を見つけることも可能です。
ただ、人によって様々な経歴や転職理由があると思うので、
必ずしも希望する転職先が見つかるということではありません。

特にブランクの長い方やこれまで薬剤師とは全く別の仕事に携わり、未経験や
薬剤経験がそれほどないという方だと、なかなか決まらないこともあります。

というのも、薬剤師不足と言われている一部の都心や地方でも、雇用先によっては、
新卒採用や企業が求める経験やスキルも異なってきますので、いくら未経験歓迎とあっても、
応募数によっては年齢が不利になってしまうこともあるからです。

40代、50代は管理職やベテラン薬剤師が歓迎される

一方で40代50代の転職で多いとされるのが、管理職の募集求人ベテラン薬剤師
歓迎する求人です。

正直、病院や企業などの雇用側は、年齢や経験に応じて待遇や役職を考えがえなくてはいけない点や
これまでの経験や知識によって職場の雰囲気を変えてしまうのではという不安もありますので、
いくら薬剤師不足とはいえ、ベテランの薬剤師を採用するところは少ないのが現状です。

なので、はじめから役職や待遇が指定されているところや職場環境のバランスを考えて
ベテラン薬剤師を求める雇用先を見つけなくてはいけません。

どうやって求人を探すのか?

ただ、どういった人材を病院や企業が求めてるのかというのは、求人情報をただ
閲覧するだけではわかりませんので、そんな時には薬剤師専門の転職サイト
利用をおすすめします。

転職サイトで取り扱っている求人については、雇用先がどのような人材を求めているのか
コンサルタントはわかっていますので、自分に合った転職先を見つけるために、まずは
コンサルタントにこれまでの経歴や転職理由、今後の希望について伝えます。

転職サイトは、求人情報の閲覧だけではなく、担当のコンサルタントがより詳しい企業情報を
提供してくれますし、年齢に応じた転職活動についてのアドバイスや経験やスキルに応じた求人を
本人に代わって見つけてくれます。

なので、年齢によって転職に不安を感じているという方は、
まずは転職サイトに登録し、相談だけでもしてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ