PET検査に関わる薬剤師の仕事

kushuri121

「PET検査で薬剤師のする仕事ってどんな仕事??」

PET検査ってなに?

PET検査というのは、がんの検査方法であり、正式には、
“Positron Emission Tomography”というものです。
この頭文字を取ってPETと呼び、意味は『陽電子放射断層撮影』となります。

具体的にどのような検査かといえば、
この検査用の特殊な放射性薬剤をまず被検者に投与します。
この薬によって、専門の機械で検査した際に、もしがん細胞があれば
そのがん細胞だけが光るようになるのです。

この検査方法により、本来自覚症状が出たり、
またある程度がんのステージが進んでからでなければ発見できなかったものが
かなり早期のうちに発見できるようになりました。

PET検査に薬剤師が必要なワケ

PET検査に用いられる放射性薬剤は、普通の薬と違い
文字通り「放射線」を取り扱うことになります。
検査に使われる放射能は、だいたい数分~長くとも数時間で減少するサイクルのものです。

なので、この放射性検査薬を予め作り置きしておくことができず
検査の度に病院内で、その検査開始時間にピッタリ合わせて精密に
合成して品質管理していかなければいけません。

そのため、この高度な専門作業に耐えうるハイクオリティの薬剤師の存在は
不可欠となるのです。

PET検査に従事する薬剤師の募集について

一般的にPET検査を実施している病院や施設はある程度限られます。

専門の高度な機械を置いている大学病院などの
大きな施設でないとできない
からです。

ですから、PET検査に携わる薬剤師の求人募集案件というのは
かなり少ないと思っておいた方が良いでしょう。

どうしてもに携わってみたい、という希望のある薬剤師の方は、

『リクナビ薬剤師』

などの薬剤師の求人専門サイトに登録して、希望の条件を申請しておくのが良いでしょう。

もし、PET検査を実施している病院などから薬剤師の募集要請がサイトにあった場合には、
いち早く教えてもらうことができますから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ